フリーランス美容師の働き方・面貸し(時間貸し)と
シェアサロン何が違う?

アトレーヴの雰囲気
ここではフリーランス美容師としての働き方についてお話しさせていただきます。
知っている方も多いと思いますがそもそもフリーランスとは会社に雇用されずに個人事業主もしくは個人企業法人であることを指します。
フリーランス美容師のほとんどがこの個人事業主にあたります。
では個人事業主っていったいなに?と思う方も多いと思うので軽く解説すると・・・個人事業主とは法人を設立せず個人で事業を営んでいる人の事を指します。
税務署に開業届を申請すると個人事業主として独立した事になるんです。
ということはフリーランス美容師でも自分でサロンを開業しても独立したことに変わりはないんです。
もちろんどちらも毎年の確定申告が必須になってくるので経理も自分でやるのか税理士に任せるのかも考えなくてはなりません。
いろいろと手間は増えますがその分自分の時間や収入が増えるのでやりがいがあります。

面貸し(時間貸し)とは?

シェアサロンと時間貸しのバランス

面貸し(時間貸し)とはその名の通りセット面を借りた時間だけ使用料を支払うシステムです。
このシステムにもメリットデメリットがありますのでそこについて書いていこうと思います。

メリット

このシステムの一番のメリットはなんといっても必要な時間しかセット面を借りないため使用料が安いところでしょう。
またスタッフが固定されていないため良い意味で他のスタッフと関わりをもたずに仕事ができるのも魅力のひとつかもしれません。
これはシェアサロンも同じですが自分の時間を有効活用したい方にも向いてる働き方だと思います。自分の予定にあわせて働けるためダブルワークはもちろん子育てや趣味の時間を自由に作る事ができます。
このようにとにかく自由に経済的に働きたいと思っている美容師さんにおススメできる働き方です

デメリット

面貸し(時間貸し)のデメリットとしては時間で借りているので時間内に終わらせようと常に焦りながら仕事をしなくてはならないことが一つあげられるでしょう。
お客様は必ず時間どうりには来店してくれません。
一名お客様が遅れるとすべての予定がずれてきます。
結果的に大幅な時間セット面を借りることになってしまい思っていたよりお金が飛んでいくことも・・・
お金がなくなるだけならまだ良いのですが時間にあせって雑な接客になってしまい失客した・・・なんてこともよく聞く話しです。
悪い意味で他のスタッフと関わりを持たないため掃除が行届いてなかったり、接客としてスタッフ全員でお客様を迎え入れる体制が整っていません。
お客様に他のスタッフ感じ悪いわねといわれることも多々でてくることでしょう・・・

シェアサロンとは?

シェアサロンでの雰囲気

シェアサロンとは時間貸しではなくいつでも自由な時間にセット面を使用でき月額や売り上げの何パーセントかを店舗に収めて使用するのが一般的なシェアサロンのシステムです。

シェアサロンのメリット

時間貸しとは違い制限時間がないため余裕をもって施術できるのであわてて施術をしてしまい失客をするようなリスクがありません。
またアトレーヴの場合ですが材料費込みの施設使用料になっているため自分で材料を用意する必要がなく手間や材料費もかからないのも魅力の一つです。
シェアサロンにはレセプションはほとんど在中していないのですがアトレーヴにはレセプションが在中しているため施術中で受付対応が出来なく失客するようなこともありません。
独立した感覚をもてるので経理や売上なども自分で把握しなくてはならないため独立した時の良いシュミレーションになる。
時間貸しのようにスタッフ同士のコミュニケーションがまったくないわけではないのでお互いに助け合ったり意識を高め合ったりできるのもシェアサロンならではの環境です。
リスクなく独立できるのも最大のメリット!

シェアサロンのデメリット

デメリットはあたりまえの話しですが売上がなければお給料も0円になってしまうので雇われている時のように安定してお給料が入ってくるわけではありません。
ただ売上があれば雇われている時の何倍というお給料がはいってくるので夢のある世界です♪

結局面貸し・シェアサロンどちらが良いの?

シェアサロンと時間貸しどちらがいいのかな?

色々と書いてきましたが結局はあなた自身がなりたい未来像にあわせて選ぶのが最優先だと思います。
自由な時間やお金だけにとらわれずお客様に喜ばれるサロンや近い未来自分が輝けるステージを思い描きながら考えればおのずと答えはでることでしょう。
今は美容室オーバーストアといわれてる時代です。
夢だった自分のサロンを持つのはよいことですが無理して独立して借金だけ残ってしまったという話しもよく聞きます・・・
このようなことにならないためにも今一度自分の実力をシェアサロンで試すのも良い方法ではないでしょうか?